AX 映画「ボリショイバビロン」見に行く。真相はいかに

映画「ボリショイバビロン」見に行く。真相はいかに

ロシアのボリショイバレエ団の舞台裏の映画がもうすぐ公開。
これは見にいきたい。
mainvisual

http://www.bolshoi-babylon.jp/trailer/index.html

あのフィーリンが硫酸をかけられた事件がかくのようですが
あれって結局だれが犯人だっけ
芸監を恨む人物が誰かにやらせたのでしたか?

その後フィーリンは今も芸術監督のままなんですよね、
団員が分裂してそのあとまとまるのかな。。

この映画は事件の真相っていうことだけど
2年で真相がわかったり解決したりするわけもなく今も問題山積みなはずで
ホントの事なんかわかるのかなぁとちょっと思ったりします。

バレエ団がそんなにドロドロしているなんて
なんかまだ信じられないんですが
予告映像で「自分よりヘタな人が優遇されるなんて」
ってインタビューで言ってる、プリンシバルが公で言ってるのは衝撃。

フランスバレエもなのかな。
あるインタビューでオーレリデュポンが
映画「ブラックスワン」をみてあれが本当だなんて思わないで
色気で役をもらったりトウシューズに生肉いれたりなんかしないから(笑)

って呆れた感じで言っていたけど
内部のごたごたはあるにしても
同じように(硫酸って)って呆れてほしいわ。
素敵な踊りをする人は人格も素敵でいてほしい所です。

ツィスカリーゼは日本で見た事もあるんですが
一度見たら忘れられない顔です
ほんと顔が個性的でなんか藤岡弘とかぶるんですけど。
あの時解雇されて今はワガノワバレエの校長なんだ。
a

映画に出てくるバレエの演目
http://www.bolshoi-babylon.jp/program/index.html

あっアパルトマンだ、
マッツエックとかロシアのコンテンポラリーを見てみたいな

ロシアバレエってあんまり知らないのです。
何しろ今年バレエ再燃なのでまずは
二コラのいたパリオペラ座の映像ばかりで他のをちゃんと見てない。

10ん年前のニーナ・アナニアシヴィリ、ビシニョーワとか
ルジマトフの踊りしか知らないの。
(この人達は「私よりヘタな人が・・」とか絶対言わなさそうですけど。)

ロシアのバレエのつくり方とか踊り方がどんなだか知りたい
それもあってみてみたい映画です。

渋谷の文化村ル・シネマだ。
すぐ満席なっちゃうので予約制だったはず。
http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/15_boli.html
あーそうだやっぱり、座席指定もあるかなこのあと見てみます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク