AX ブルーライトの症状【VDT症候群】 今すぐできる対策




ブルーライトの症状【VDT症候群】 今すぐできる対策

パソコン、スマホのブルーライトの健康面での影響ってすごい。
確実に犯されてます。

まず私の場合はめまい、疲れ目、頭痛、焦点があわない。
なるべくパソコンは触らないようにと思っても
なくてはならないものだからついつい・・

それで余りにも焦点がぶれて、朝からめまいがするからと整骨院に相談したらブルーライト防止のメガネを勧められました。
あと30分に一度は立ち上がって伸びと深呼吸ね。

ゾフに駆け込んで初めてメガネを作ったんですけど、視力1.2にも関わらず乱視だって言われ・・最初遠視または老眼かと思ったんだけどそれはまだ心配ないって。

最近だるい、目の老化がきたなって思ってる方!ほっておくのはよくないです。メガネを作らなくてもいいから乱視かどうか、ブルーライトの影響かどうか測ってもらってもらうだけでもいいと思う。

パソコンの保護用メガネは 度なしで3000円くらいで売ってて
そこからフレームを選んだり、度レンズをはめてもらったりして私のは9800円。
通常は度アリでこれくらいの価格だそうで、メガネってそんなに安く作れるの知らなかったです。
ブルーライトの症状、VDT症候群 今すぐできる対策DSC01318

作ってかけて1ヶ月経つんですけど、だいぶめまいが楽です。

VDT症候群の話。
寝しなにiPadやスマホなんて最悪だそうで。

「ブルーライト」は目に見える光の中で紫外線に最も近いエネルギーを持っていて、網膜にまで届いてしまうため、目の疲れなど、人体への影響が言われるようになりました。

VDT症候群といって最近増えている症状なんだそうです。
「Visual Display Terminal (ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)」の略
パソコンや液晶ディスプレイなどを長時間使用することにより生じる、目や身体などに影響を及ぼす症状のことをいいます。

症状としては
目の疲れ、痛み、充血、かすみ、乾き、視力低下
肩こり、首から肩、腕の痛み、手首の痛み、手指のしびれ、足や腰のだるさ背中の痛、イライラ、不安、頭痛、抑うつ状態など

かなり思い当たります。

今すぐできる対策として

パソコンのディスプレイを暗めに設定する。

これは簡単。デスクトップ画面で右クリックすると設定画面が出てくるのですぐやってみてください。
最初は違和感あるんですか、すぐに慣れて他のパソコンを見るとまぶし~ってなりますよ。作ったメガネは色が入っているんですけど、暗めに設定したディスプレイでも裸眼で見るとまぶし~ってなるもんね。それだけ光を目に浴びてたことになります。

あとこんなのもあります。
ブルーライトをカットし目にやさしい。
液晶保護指紋防止光沢フィルム

これからどんどん増えてくる【VDT症候群】
長引くと深刻になる前に対処です。 

デザイン系とか写真をよく見る人は色味が変わっちゃうので
使いたいけど使えないって言ってました。
効果20%という透明のシートもあるので、それでも使わないよりましかもしれないですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする