AX 枯れてしまった観葉植物の処分、その後。粗大ごみにはできません。

枯れてしまった観葉植物の処分、その後。粗大ごみにはできません。

前記事【お誕生日に観葉植物を買ってもらった】のその後談なんですが。

枯れ果ててしまったパキラ、これどうやって処分すればいいのか?(あまり処分という言葉は使いたくないけど)の疑問。とりあえず、区の粗大ごみに電話したら、観葉植物も含めて木とか土とかは自然物なんで粗大ごみでは扱えないということです。

ずたずたに切って生ごみとして出すか、もしくは区役所が紹介する引き取り業者にお願いするか。。って言われてたのですが、自分ではちょっと大変そうだし可哀そう、その前にノコギリがうちにありません。

業者というのはきっとお花屋さん関係だと思うのですが、引き取り値段を伺ったら1キロ300円。体重計で計ったら6キロあったので1500円。そこにお願いすることにしました。一週間後以降の受付で鉢ごともってってもらえます。

段取りをつけてたのに、なんと引き取りのその日、急遽また実家に帰ることになってしまってとりあえずキャンセルしたんですよ。

ベランダに置きっぱなしのまま、実家から戻るとあらびっくり!
枯れてしまったと思っていた木から芽が出ているではないですか。

img_6308

鮮やかな緑でけなげ😢
ベランダに出したのがちょうど1か月前、その間一滴もお水をあげていないのに、その間に猛暑も台風もあったのに・・。

とりあえずしばらくこのままにしておこうと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク