AX たとえお手軽な麺つゆ煮物でも!お酒の威力

たとえお手軽な麺つゆ煮物でも!お酒の威力

煮物を作るとき、最近は大雑把にめんつゆで作ることが多くって、出汁から作ったらおいしいとはわかっちゃいるけど、麺つゆでもそこそこおいしくできるのでいいかなーっという感じで

今日キンピラごぼうを作ったのですが
いつもの過程なら、もうごぼうを千切りして(ここでもう作り疲れるわけですが)ある程度油でいためた後、グラスに麺つゆと水を半々に割ったの(割り下)をが~って回しかける、それだけだと甘味が足りないので砂糖を足す。以上

なんですが今日は水の代わりにお酒にしてみたんです。

そしたら、水で煮たのとお酒で煮たの、味が全然違う!
お酒ってやっぱりおいしくなるんです。

今までお酒の威力を軽く見てました。
単に臭みけしだけだと思ってたんですが。
特にキンピラとか、お野菜だけの煮物は臭みなんかないし
水でいいか~って思ってたんですよ。

それで、あまりの出来の違いにどんな効果があるか調べてみたら
野菜だけの煮ものでもお酒を使うと、柔らかく煮られる、照りが出るなど。
ちょっとその他も気になるのでメモ。

プロの隠し技

煮物で酒の果す役割は、けっこう大きいものです。
市販の料理酒じゃなくて、安くてもいいので呑むようの日本酒を買う。

酒は材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたりします。特に、魚介類、肉類には欠かせません。野菜を煮るときも、コクをつけ、よりおいしくしたいのならば酒を使ってください。

甘味の調味料というと砂糖とみりんの二種類がありますが、甘さは全く違います。みりんは砂糖の約半分です。みりんは単に甘いだけでなく、特有のうま味と香りを持っていて、料理によい風味を与えます。

たとえお手軽な麺つゆ煮物でも
それでもせめて水じゃなくてお酒を使う事にします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク