AX 料理の神様★高家神社の包丁式と鯛と犬(千葉県千倉)

料理の神様★高家神社の包丁式と鯛と犬(千葉県千倉)

料理の神様がおられる
高家神社に居たこの犬の目線の先は

料理の神様★高家神社の包丁式と鯛と犬0aae18c4

秋の包丁式

料理の神様★高家神社の包丁式と鯛と犬80425b13

このビーグル犬は儀式の
そこで使われる立派な鯛をみていたのです。

こんな厳かに行われているとは
驚きました。

◇◆◇━━━━━━━━◇◆ 

高家神社 (タカベジンジャ) .
所在地 〒295-0012
千葉県南房総市千倉町南朝夷62
TEL:0470-44-5625 .営業期間 休業 : 年中無休
.祭神 磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)
.その他情報 創建年代 :江戸初期
.お問合わせ0470-44-3581 .
HP http://www.chikurakankokyokai.com/

今からおおよそ千百年余り昔、時の五十八代光孝天皇は料理に造詣が深く、光孝天皇の命により様々な料理をまとめて後世に伝えたのが四條流の祖といわれる四條中納言藤原朝臣山陰卿(あそんやまかげきょう)でした。光孝天皇の時代(平安時代)から朝廷を始め、貴族社会の人々により、宮中行事の一つとして行われてきたのが「庖丁儀式」です。
 烏帽子、直垂をまとい、庖丁とまな箸を用い、一切手を触れることなく、鯉、真鯛、真魚鰹(まながつお)などを調理します。古式に則った所作とその庖丁さばきは、熟練の技。日本料理の伝統を今に伝える厳粛な儀式です。
 毎年、十月十七日(旧神嘗祭)と、十一月二十三日(旧新嘗祭)に高家神社境内で庖丁式の奉納が執り行われます。

ご朱印、お守りなどこの後UPします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク